雑穀米はまずい?!体には良いものと思って食べればいいんじゃないの!?

生活術

雑穀米はまずいって人も多いですが、はじめからそういうものと思えば不満も少ないんじゃないでしょうか。

本当にまずいかどうか、100円モニターで確認してみては?

>『プレミアム 三十九雑穀米』100円モニターの詳細はコチラ!

雑穀米は本当にまずいか

よく「雑穀米」っていいますが、”雑穀米”という”米”があるわけじゃないですね。

白米と一緒に雑穀を混ぜて炊いたものを一般に雑穀米って呼んでるわけで、雑穀ってなに?って話になります。

「雑穀の定義」
古くからの類型で穀物は、主穀、雑穀、菽穀、擬穀に分けられ、主穀は主食作物であるイネ、コムギ、トウモロコシを指し、雑穀はイネ科作物のうち、小さい穎果をつけるヒエ、アワ、キビなどの総称で、英語でmilletと訳されます。菽穀はマメ類、擬穀はソバ、アマランサス、キノア等であり、主穀と雑穀が現在、穀物(cereal)として広く知られています。
引用元:日本雑穀協会「雑穀の定義」

ということで、穀物って色んな種類があるんですね。

炊くと白米とは違ういろんな味や香りがでるのはそのためということがわかります。

雑穀米がまずいと感じるのは個人差があるのは当然ですが、そもそも味が良いから雑穀米を選んでいる人ってそんなにいないんじゃないでしょうか?

美味しくはないけれど、それに勝るメリットを求めて摂るものとして、割り切って食べればいいんじゃないでしょうか。

雑穀米を食べるメリット

雑穀米を食べるメリットとしては、主に栄養面で白米だけでは摂ることのできないものが比較的容易に摂れるというところにあります。

雑穀米ほどではないけれど、玄米も白米に比べて食物繊維やビタミン・ミネラルなどを摂ることができます。

でも、雑穀米なら玄米でも摂れないような栄養素もたくさん摂ることもできます。

ひとことで雑穀米といっても、どんな雑穀を混ぜるかによって内容は大きく変わるので、一概に言えません。

いろんな栄養素が摂れるということでは、健康だけじゃなくて美容面でもいろんなメリットがあるので、自分に必要な栄養素が何かを知ってどんな雑穀がいいのかを選ぶといいでしょう。

白米以外の雑穀が一つでも入れば雑穀米と呼べるのでしょうが、たいてい複数の種類が混ぜてあって、その数によって「◯◯雑穀米」って商品名になっているのがほとんど。

配合されている雑穀の種類によって、一度に取れる栄養素が厳密には違うので細かくみるとそれぞれ差はあります。

けれど、大ざっぱに言うと白米と比べたときに、食物繊維、ビタミン、ミネラルがたっぷり摂れる主食ということができます。

普通は、白米だけで摂ることができない栄養素を、おかずや副菜、デザートなどで摂るものですが、雑穀米なら主食として食べながら私達に必要な栄養素を手軽にとることができるのはありがたいですね。

ただし、これは味については別の問題。

栄養のために味を我慢しないといけない、という人も出てくるのはある意味仕方ありません。

『良薬口に苦し』なんて言葉もありますけど、毎日食べる主食はたまに飲む苦い”良薬”とは違いますものね。

まずいと思うものを我慢して食べるだけのメリットを感じるか、味だけは譲れない!と受け取るか、まだ食べたことのない人はまず実際に食べてみてから判断したほうが良さそうです。

それも、一食だけではなく数日分ためすことをおすすめしますよ。

まずは100円モニターとして4日間試してみては

白米に比べて、独特の味や香りのある雑穀米。

まずいと言う人がいる一方、美味しいと感じる人も少なからずいるのは事実で、味覚の好みはひとそれぞれですから実際に食べてみなと本当にまずいものなのかは本人しかわかりません。

雑穀米は色んな種類のものがスーパーでも市販されていますが、味を知るためにお試しとして買うにはちょっと多いですね。

試しに炊いてみて美味しく感じたりなんとか食べられるというレベルなら、一袋消費するのも苦ではないかもですけど、まずくてとても食べられないということであれば、誰かに譲るかすてるしかありませんものね。

そんなにむちゃくちゃ高いものじゃないけれど、もったいないじゃないですか。

いまならWEB限定で100円モニターに申し込めます。

『プレミアム 三十九雑穀米』4日分を食べて味を確認してみてはいかがでしょう。

>『プレミアム 三十九雑穀米』100円モニターに申し込む

 

『モニターなんかじゃなくていい。今すぐ定期コースで注文したい!』
って方は、

>>『プレミアム 三十九雑穀米』定期コースに申し込む!

 

タイトルとURLをコピーしました