和歌山県海南市わんぱく公園|遊具と芝生で子供と一緒に遊ぼう

和歌山

和歌山県海南市にある「海南市わんぱく公園」は、自由に遊べるみんなの裏山がテーマの公園です。

幼児から小学生ぐらいの子供が家族と一緒にとても楽しめる公園になっています。

そして入園料・駐車場が無料なのが、子育て世代にとってはありがたいです。。

2歳半の息子も、とても楽しかったようなので、今回紹介します。 

わんぱく公園の特徴
  • 屋内・屋外遊具、斜面の芝生広場など、たくさんの自然と触れ合える。
  • 入場料・駐車場が無料
  • 海南東ICからすぐ。アクセス良し。

わんぱく公園の詳細

住所〒642-0022 和歌山県海南市大野中995−2
電話番号073-484-5810
開園時間9:00~17:00
休業日月曜日(月曜祝日の場合は翌日の平日)
入園料、駐車料無料
駐車場第一駐車場(50台) 第二駐車場(70台)【大型車も可能】 第三駐車場(50台)
物販施設売店有
飲食施設無 (以前有ったレストランは閉店)
ベビー施設授乳室 オムツ替え施設
バリアフリーエレベーター、車いす対応トイレ有
ペット連れ込み可能(ただしリード装着)
公式HPhttp://wanpaku.pya.jp/

入口 + 第一駐車場

入口(第一駐車場)へは上記の写真の矢印方向へ進みます。現在右側工事中のため、車が通るにはとても狭いので気を付けてください!

また土日は、入口手前の第一駐車場はほぼ満車となるため、第二駐車場もしくは第三駐車場を利用しましょう。

シンボルの風の子館

わんぱく公園のシンボル「風の子館」です。

らせん状の外観が特徴で、会館内には巨大な遊具「トルネード」があります。

天井まで張り巡らされたネットで、どんどん上まで登っていけます。

トルネードの外周には大人も通ることができる通路があるので、子供をそばで見守ることができて安心です。

また館内には、風の子ギャラリー、風の子劇場、ボールプール、絵本コーナー、創作工房、料理工房など、雨天時にも楽しめるような設備が盛りだくさんとなっています。

遊具

ここにはたくさんの遊具がありました。

見た目の経年劣化は否めませんが、小さい子供たちは、みな楽しそうに遊んでいました。

ただし夏場は、遊具がかなり熱くなるので要注意です(^^;)やけどします。。

あとトイレもすぐ近くにあるので便利でした。

芝生広場

画像奥にあるのが、急斜面の芝生広場です。

ここでは多くの人が、芝滑りをしていました。

筆者も息子と一緒に段ボールで挑戦しましたが、二人では重たかったのか全然滑りませんでしたが(笑)

斜面を上から撮った風景です。季節によっては芝生の状態が変わるそうで、芝生滑りにも影響します。

10月時点では一部剥げていました。

まとめ

今回は、家族でピクニックということで、わんぱく公園を訪れましたが、とても楽しい時間を過ごせました。

子供が自然と触れ合えて、思いっきり遊べる機会が少なくなっている昨今、和歌山県民にはとてもありがたい場所かと思います。

またわんぱく公園一帯の整備も計画されており、賑わいを創出する新たな場所として期待しています。

個人的には老朽化した施設(特に遊具)が少し気になったので、リニューアルして欲しいなと思っています。

モジャオ
モジャオ

あと最後に私も含めて数名がボールを蹴って遊んでいましたが、サッカーボールは禁止になっていました。。注意してください(反省)

虫よけ対策も万全に!特に蚊がとても多いので気を付けて。。

タイトルとURLをコピーしました