電気ポットでそうめんをゆでる?!実は電子レンジよりも失敗しにくいです。

生活術

電気ポットでそうめんをゆでるなんて、本来の使い方じゃないけど鍋でゆでるより超カンタン。

レンジでゆでる方法もあるけど、それよりずっと楽で失敗少ないのです。

電気ポットでそうめんをゆでる方法

電気ポット、水を入れて沸騰させることが出来ますよね。

ある夏の日、湧いているポットの蓋を開けたら、鍋で湯を沸かしているのと同じように見えて、ふと「もしかしてそうめんゆでられるんじゃない?」って思ったんです。

もともとそうめんが大好きで、自分でよく茹でて食べていたんですが、吹きこぼれないように火加減や時間を気にしながらゆでるのが「面倒だなあ」って感じてたので。

そこで、やってみました。

☆用意するもの

・電気ポット
・ザル
・そうめん

以上!笑

ちょっと少なめの水を一度電気ポットで沸騰させて、ボコボコ音がしたら蓋を開けてそうめんを投入。

数把茹でたい時、一度に入れる麺の量が多いとたぶんうまくいかないので、1把ずつがいいでしょう。

そうめんを入れることでちょっと温度が下がるからだと思いますが、蓋を閉めてしばらくするとまたボコボコと沸騰してきます。

麺とお湯が中で激しく対流することで、鍋でゆでる時のようにかき混ぜる代わりになります。

正規の湯で時間とおなじ(だいたい1~2分?)くらい、そのまま待ちます。

時間になったら、流し台にザルを用意し、湯切りして流水で冷やします。
熱いのでやけどに注意!!

よく水を切ったら完成です。

電子レンジでもできるけど、失敗例も多いみたい

電子レンジでパスタをゆでるためのグッズは100均などでも販売されているので、ゆでる乾麺というおなじくくりのそうめんも同じ方法でゆでることができるのでは?とチャレンジする方も多いようです。

言い換えれば、それだけそうめん食べる人って多いってことですね。

やすいし、手軽ですからそれほど意外ではないのかもしれません。

それはそれとして、そうめんを電子レンジで茹でてみたけど、失敗とかマズイという情報も比較的多いんです。

それらの記事などを見てみると、パスタ用の容器を使ってパスタと同じように(時間だけを変えて)やってみた、という例がほとんどのようでした。

どうやらパスタの場合は容器に麺を入れて、水をいれてレンジで加熱するようなんですが、そうめんでも同じようにするとダメみたいですね。

なんでも、水ではなく最初に熱湯を入れて、すこしふやかした麺をちょっと箸で混ぜてから加熱すると失敗することなくうまくいくようですよ。

これは試していないので正確なことが言えません。ごめんなさい。

どちらもズボラだけど、電気ポットのほうが簡単かな。

電気ポットでゆでるのも電子レンジでゆでるのも、ちゃんと鍋を火にかけてゆでるのに比べてズボラな手法には間違いありませんが、個人的には電気ポットを使ったほうが鍋でゆでるのに近いので、しっかり茹で上がって失敗しにくいと思っています。

電気ポットを洗う手間がかかりますが、吹きこぼれたコンロ周りをキレイにするよりは楽かな~って。

時間や一度にゆでる量などは、電気ポットの大きさや麺のかたさの好みにもよると思うので、何度か失敗するつもりで、色々試してみるといいですよ。

そうめんを美味しく食べるために

そうめんを、より美味しく食べるためには、茹でる水(お湯)とツユに使う水が美味しくないといけません。

どちらも水道水を使う方が多いかと思いますが、思い切ってウォーターサーバーを使ってみてはいかがでしょうか。

  ボトル交換が要らない
次世代、「水道直結型ウォーターサーバー」Ocean
  定額制だから、使うほどお得!(^^)

タイトルとURLをコピーしました