プラダンを窓に立てかけて簡易二重窓にする、手軽な省エネDIYのすすめ

生活術
プラダンは安くホームセンターで手に入るとっても便利なアイテム。
加工もカンタンで窓を簡易的な二重窓にするキットも人気です。
 

省エネにもなる二重窓にトライしてみましょう。

プラダンを立てかけて、二重窓にする

 
家の冷暖房の効率を上げるために、家の窓を二重窓にする方法があります。
 
もともと住宅メーカーや建材メーカーが作ったものですから、作りもしっかりしているしとっても良いものです。
 
でも、賃貸物件だったりすると、勝手に改造してしまうわけにもいきませんし、低コストで手作りできるプラダンを使った二重窓はたくさんの方が実践しています。
 
 
すでに、ホームセンターなどではオリジナルの二重窓キットも販売されていて、自分の窓の寸法を測ってお店側に伝えれば、必要な材料をカットしてくれるサービスもあります。
 
もちろん、レールや取っ手なども含めてぜーんぶ自分で加工することもできますが、とにかく簡単に済ませるには「プラダンを立てかける」方法が一番。
 

立てかけるだけでOK?

 
「プラダンを立てかける」と言っても、本当に立てかけるだけだと、窓の下の方には隙間ができてしまいますから、効果は半減してしまいます。
 
なので、実際には突っ張り棒などで押さえる形にしたほうがいいですね。
 
換気などのために、鍵の開け閉めや窓の開閉をしたいのなら部分的にテープで固定して、プラダンを折り曲げて鍵にアクセスできるように加工するという方法もあります。

プラダン立てかけ二重窓のメリット、デメリット

 
とっても簡単なプラダン立てかけ二重窓ですけど、やはりメリットだけではありません。詳しく見ていきましょう。

メリット

低コスト

何と言っても、材料のプラダンは一番大きいサイズ(910mm×1820mm)のものでも500円もしません。窓枠の幅によっては、突っ張り棒は1メーター以上のものが必要になるのでちょっと高くつくかもしれませんけど、二重窓キットよりは確実に安く上がりますよね。

切り方も簡単!

プラダンは、ハサミやカッターで簡単に切断できます。そう、特別な工具とかも要らないんです。ただ、わりと長い直線を切り出さないといけないので、最低限、長めの定規などは必須ですね。

防音

窓の前にプラダンがあるだけで、外からの音だけでなく部屋から外への音も遮ることができます。完全な二重窓ほどではありませんが、普段から部屋や外の音が気になっているならおすすめです。

遮光

  プラダンには(擦りガラスみたいな)半透明のものと、色のついたものがあります。どれも透明なガラスよりは光を通しませんから、カーテンなしでも外から室内がみえなくなりますね。

省エネ(冷暖房の効率アップ)

本当の二重窓には及びませんが、プラダンそのものが空気の層となるので、室外の暑さ寒さと部屋の室温の差を小さくしてくれます。

デメリット

気密性はイマイチ

立てかけるだけでは、どうしてもレールつきのタイプのプラダン二重窓と比べてあちこちにスキマができてしまいます。
 
気密性を上げたい場合は、ホームセンターや100均などでも手に入る、”すきまテープ”などを使うと良いでしょう。

見た目がイマイチ

加工法(切り方)にもよりますが、機械で切るわけでないので切り口がギザギザになりやすく、あまりきれいにはなりません。
 
また、突っ張り棒で留めているだけなので、ちょっと違和感あるのは否めません。対策としては思い切って突っ張り棒が目立たないような”絵”をプラダンに直接書いてしまうなんて手段もありますね。
 
絵心に自信のある方はぜひチャレンジしてみてください。

  >>関連記事『プラダンに絵を描くときに気を付けたい、これだけのこと。

 

絵や字を描くときは、ポスカがオススメです。

窓の開閉が面倒

スライド式(レール式)のものですと、普通の窓のように簡単に開け閉めすることができますが、立てかけタイプですとそれができません。いちいち外さないとダメなのは正直言って面倒ですね。

立てかけ二重窓の作り方

さて、立てかけ二重窓の作り方です

材料

プラダン

プラダンは、実際の窓の大きさを測って、必要な分を。
 普通は910mm×1820mmの大きさですので、場合によっては複数枚必要になります。
 厚さは4ミリで十分でしょう。あまり薄いものだと、反り返りがひどくて二重窓にならなくなります。

突っ張り棒

突っ張り棒は、窓枠の横幅がそれほど長くないようでしたら、横向きに一本あればとりあえずなんとかなります。
でも、幅が広いときは縦向きに数本使ったほうがいいですね。
横向きだとどうしても長いものが必要になり、高額な出費になってしまうことも。
 
縦向きで長さが数十センチで済むなら、ダイソーやセリアなどの100均のお店で売っているもので十分です。

ハサミ(またはカッター)

プラダンを切るのにどうしても必要です。ノコギリは要りません。

作り方

窓の大きさ(縦と横の寸法)を測ったら、その寸法に合わせてボールペンなどで下書きをし、手持ちのカッターやハサミで切るだけ。
 
ただ、ハサミの場合は切る長さによっては結構手が痛くなるかもしれません。
 
カッターで切るときは、一度に切ろうとせずに何度か刃を入れて少しずつ切ったほうが確実です。
 
もし床の上で切るときは、要らないダンボールなどを敷いた上で切らないと、床にキズがついてしまいますのでご注意を。
 
また、切った面は空気の層を作るという意味で、セロハンテープなどで構わないので塞いでおきましょう。
 
あとは、窓の内側に立てかけるように置いて、突っ張り棒でおさえるように固定するだけ。
 
簡単ですね。

でもやっぱり自分でキレイに作る自信がないって方には、楽天に出店しているお店がありましたよ。

ちょっとお値段張りますが、見た目も断熱のちゃんとしたものを求めるなら、こちらがの方が結局は安上がりかもですね!

  ↓

タイトルとURLをコピーしました